給料が十分に支払われて…。

給料が十分に支払われて、高いボーナスが支払われる病院の傾向として、東京、大阪といった首都圏や大都市に所在があること、大学病院や診療科目の多い総合病院などそのスケールがでかいことなどがあるのではないでしょうか?
意を決しての転職、今度こそ願いどおりの条件での勤め先で勤務したいものです。最悪でも、以前勤めていたところと比べて環境とか条件が改善することがなければ、転職・再就職した意味がありませんよね。
悔いの残らない転職が可能になる様に、悩まずにコチラのサイトでご紹介中のツアーナース限定の転職支援サイトを有効に活用することによって、厚待遇の勤務先への転職を適えてくださいね。
十分な信頼関係によって作られた当方だけのツアーナース推薦枠、もしくはインターネットや求人票の情報でははっきりしない募集の背景とか求人の実態など、正確な情報やデータを手に入れることが可能です。
転居に伴って、知らない地域で転職活動をスタートさせるというツアーナースさんには、その土地ならではの最もいい条件や待遇とか、推奨できるツアーナース求人をお見せいたします。

最近急増している「転職サイト」というものには、いくつもの種類があると言われており、皆さんが選ぶ転職サイト次第で、準備されているサービスメニューや転職・再就職までのフローも、非常に違います。
女性ツアーナースの最高の平均年収額は、50歳以上55歳未満の場合で約550万円となっています。女性の場合、職種全てで、定年の60歳に達すると年収が300万円程度まで低下するのだけれど、ツアーナースの年収額は、400万円くらいとなっているのです。
友達とか知り合い、先輩であるツアーナースなどが、転職・再就職で現に使ってみた求人サイトの中で、満足できる結果になったというサイトがどこだったか聞いておけば、失敗してしまうことも無くなるのではないでしょうか。
迷惑をかけることなく辞めるためには必要不可欠な退職交渉に伴うアドバイスや、必要とする方には、雇用年月日の交渉なども、ツアーナース転職サイトでユーザー登録をしていれば依頼できるのです。
暮らしているエリアを基に、ツアーナースの雇用先として抜群の人気である病院などの医療機関の概要・給料・満足度、そのエリアに強いツアーナース転職サイトをご案内できます。

病院や施設の人間関係や職場のムードなど、昨今のツアーナース転職サイトには、予めあなたがどうにかして教えてもらいたい情報が、いっぱいストックされています。
いわゆる会社勤めのツアーナースの仕事の中で、最も高い年収が望めるのは、治験に関係する仕事だと考えます。キャリアアップして管理職になると1000万円も年収があるツアーナースの方も本当にいます。
転職・再就職のための当サイトならではの見方で、依頼した経験のある方の口コミ情報や満足度など、色々なポイントを元に、一押ししたいツアーナース転職支援を行う会社を、ランキング方式でご覧いただけます。
退職前なので、ツアーナース用の求人募集情報を検索する時間が取れない方や、スタッフの性格や人間関係の良い勤務先を希望条件にしている方など、転職活動を手際よく進めて行きたいという方は使わなきゃ損です。
キャリアコンサルタントっていうのは、募集責任者の看護部長がどんな人かや凝っている趣味や好き嫌いまで分かっていると言われます。ここまで詳しい情報は、関係者以外は簡単に入手することはできないのではないでしょうか?

スタートとしては学校用の求人票とか転職情報誌…。

退職済みではないので、看護師の募集の求人情報を見る時間が取れない方や、現場の空気や人間関係の良い勤務先を理想としている方など、能率的に転職活動をやっていきたいという方は利用しない手はありません。
年代別の年収推移のグラフを検証してみると、全部の年齢層で、看護師の年収が働いている女性全ての年収よりずいぶん高いものになっていることが確認できます。
長時間の夜勤をする必要があるので、規則正しい日常を送ることが不可能、オマケに身体的にも精神的にも大変な職業ですよね。支払われる給料が少ないと思っている看護師さんが少なくないのも当たり前だと言えますね。
サービスの中身は、新しい職場への就職・転職活動に必要不可欠なことが一通り準備されていて、これに加えて自分だけでは不可能な医療機関側との交渉など、料金無料が嘘みたいなサービスが受けられるのです。
転職までするんだから、今度は思い描いた通りの条件での職場に勤めたいはずです。せめて、以前の勤務先よりも待遇がアップしないと、決心して転職した意味がないというものです。

転職希望の看護師が望む条件に見合う求人募集情報を数多くご提示するのに加えて、皆さんが抱えている転職にまつわる悩みや不安を感じる点、わからない点について相談も受け付けています。
新しい職場への転職活動を行なっていく上で必要不可欠なのは、最低でも何か所かの看護師転職サイトにて会員登録を済ませておいて、同時に転職のための活動をすることです。
大手の運営会社については、現在までの実績や経験も豊富で、充実したサービスが受けられ、所属のキャリアカウンセラーも信頼できる方がほとんどですから、看護師専門の転職サイトで紹介を受けるのは未経験だという方でも心配ご無用です。
どう考えても、看護師は体も心も丈夫な人しか続けられない代表的なお仕事です。違った言い方をすれば、「つらくてきつい仕事もお給料次第」、こんな風に思っている人にはもってこいの職業の一つです。
募集の受付が開始されると、ただちに定員になってしまうこともしばしばある人気抜群の限定の非公開求人についても、看護師転職サイトを上手に使用すれば、一番に案内してもらうこともできる仕組みになっています。

期間が短い募集のこともあれば、週に1回あるかないかの夜勤専門勤務を期間を定めず募集しているケースもあるので、時給は一般的な職種のアルバイトと比較して、高めになっているのが通例です。
気に入らないのに面接しなければいけないというのは誤解です。だからできるだけ能率よく入手するという点で考えれば、看護師転職サイトに登録しないのは実にもったいないのです。
民間組織が立ち上げた求人サービス会社の一番だと言える長所が、求人先事業主と担当のキャリア・アドバイザーが、強い接点を持つ点です。この点が厚生労働省の職業安定所あるいは看護協会で働いている就職・転職キャリアサポーターと全く違う部分です。
スタートとしては学校用の求人票とか転職情報誌、ウェブを駆使して、あなたが望んでいる情報を選定してから、該当する病院だけの募集案内を取り寄せるほうが理にかなっています。
全労働者の平均年収と看護師さんの平均年収の推移をグラフに表してみると、全職種の平均年収は次第に低くなっているのと比較して、看護師の皆さんの平均年収については、ほとんど変化していません。

本当にその病院で雇用されている看護師に聞ける機会があればベストなんでしょうが…。

患者が自宅で制限なく普段の生活ができるように援助することだって、訪問看護師の役目の一つです。訪問したお宅では、患者本人以外に、家族からの相談を受けることもあるのです。
2013年の看護師の平均年収額は、472万円だったようです。仕事のある女性全体の年収の平均は、200〜300万円ですから、看護師の場合、給料は、予想以上に高い金額と言えそうです。
集合型求人サイトと言いますのは、多数の転職支援を行っている企業が管理している医療機関からの求人が掲載されますから、その求人の件数自体がかなり多いものになっています。
職場の中の人間関係のトラブルで転職したのに、ようやく採用になった職場のほうがさらに人間関係が複雑だったという場合も珍しくありません。再就職・転職の際には、事前に念入りに情報を集めてチェックすることが重要だと言えるでしょう。
訪問看護師については、病気があったり、障害を抱えている方々が支障なく過ごすために、診療所や病院の医師や看護師または福祉施設の職員など、各業務の方たちと連絡を密にして看護を続けているというのが現状です。

民間企業である求人サービス会社の最大のプラス面が、求人募集先と担当アドバイザーが、強い接点を持つ点です。このことこそが公的機関であるハローワークや任意団体の看護協会で勤務している就職・転職アドバイザーとは180度違う部分でしょう。
病棟での夜勤が避けられないので、健全な生活はほとんど無理、これとは別に体力だけじゃなく心理的にも強靭さが求められる職業。自分が支払いを受けている給料に不満を感じている看護師の方ばかりだというのも当たり前だと言えますね。
とりあえず、自分の理想に沿った看護師の求人情報を見い出すことが、転職を成功させるために大事なのです。多様なワード検索で、自分に合った求人を探し当てましょう。
求人票のみでは、募集先の雰囲気については把握できません。看護師転職専門のエージェントでしたら、他では聞けない医師と看護師の人間関係や雰囲気といったここだけの情報を豊富に備えています。
高額な賃金が支払われていることを自覚はしているのだけれども、今の給料が労働内容にふさわしいものであるとは納得していないようです。現実に、大変な状況で仕事をしている看護師さんはいくらでもいます。

人気のこのサイトオリジナルの見方で、依頼した経験のある方の情報や感想など、多様なポイントを元に、試してほしい看護師転職支援企業を、わかりやすいランキング形式で公開しています。
利用者以外には知らせていない、応募が多い病院やクリニック、学校や各種施設などの非公開求人を目の前に出してくれるところが、看護師転職サイト最大の魅力だと考えます。
看護師の方っていうのは看護という仕事のプロですが、転職関係のエキスパートではないわけです。その一方で看護師転職サイト所属のキャリアカウンセラーは、看護業務に関する専門家などとは言えませんが、転職や再就職支援のプロなんです。
高齢者の割合が高くなってきたことや医学・治療の特殊化・専門化、それに加えて在宅治療あるいは在宅看護を主張する患者及び患者の家族などの数の伸びが、看護師のニーズが高まっている要因だと言われます。
本当にその病院で雇用されている看護師に聞ける機会があればベストなんでしょうが、ダメなら、転職支援企業の担当者に、ありのままの現場の雰囲気などがどうなのか調査してもらうのも賢い選択です。

あちこちのサイトを確認しながら条件のいい求人を見つけ出すというのは…。

募集がスタートすると、時間を空けずに定員に達して締め切られる場合が多い抜群の条件の公にされていない非公開求人も、看護師転職サイトで会員登録を済ませておけば、一足先に案内してもらうことだって可能となっています。
看護師につきものの悩み相談や非公開求人の情報提供、転職活動における秘策、面接試験に向けた秘策とか問題なく退職するための方法など、全ての局面での必要事項を完璧にアシストしております。
「お医者さんになると高額な年収」「国家公務員は生涯年収で見ると高額」といったふうに、仕事の内容による差を耳にすることは多いものです。看護師の場合も、「高額な年収」という印象のある職業の代表でしょう。
大半の看護師は、生まれ育った土地の学校を出て、就職先も出身地近郊です。家庭を持つことになると、看護師不足が深刻な地方で就職するために、「単身赴任」することは非常に困難です。
希望の待遇や給与等の条件に当てはまり、スタッフ間の相性及び空気も理想通りの就職先に就職できるかどうかは、運の良し悪しだけではないのです。看護師用求人情報の量の多寡と質の高低が、転職がうまくいくための欠かせないものになっています。

希望者が殺到して対応ができなくなる状態にならないように一般公開をしない非公開求人のみにするケースや、登録が完了している顧客の方から順に求人情報を提供するために、求人サイト運営会社が公開しないことにしたケースもかなりあるのです。
今の職場を辞めて転職するのだから、是非とも素晴らしい職場に雇ってもらいたいと思いますよね。何はともあれ、過去の職場よりも環境や待遇が向上しないようでは、転職・再就職したことが無意味になってしまうかも。
ともかく3つくらいの看護師転職サイトで会員登録しておいて、実際に使ってみて人望があって、相性が合うキャリアコンサルタントに全部任せてしまうのが、ベストな流れであると言えます。
年齢で分けられた年収変動のグラフを検証してみると、どの世代であっても、看護師の年収が女性の全職種の年収をずいぶんオーバーしていることが確認できます。
大学に4年在学した看護師さんと、高校と専門学校を卒業した看護師さんの場合を比べると、年収面でできる差は9万円程度、ほんの少し給料と賞与が異なってくるというわけです。

転職希望の看護師さんの場合は、年収を増加させたいとの思いが間違いなくありますが、それ以外の理由は、年齢・年代や転職した数によって、微妙に違いが出ています。
看護師としての勤務先は、概ね大小の医療機関になるでしょう。詳細なリサーチを済ませておくほうがよいですし、看護師に関する知識が豊富な就職コンサルタントからも情報を貰うことも非常に大事で有益です。
中でも30歳未満の若い看護師の女性限定でしたら、なんと55%の看護師のみなさんが転職サイトによって新たな勤務先に転職していて、職安からの紹介だとか自分で応募したものと比較して、非常に多くなっているのです。
看護師の募集では、大学や企業勤務の保健室など、人気が高い求人も保有しています。看護師じゃなくて、保健師の方もOKという条件で募集しているケースが多く、競争相手が多い人気抜群の就職先だと断言します。
あちこちのサイトを確認しながら条件のいい求人を見つけ出すというのは、かなり面倒な作業でしょう。利用者が増えている転職支援企業にお願いすれば、希望通りの求人をあなたの代わりに見つけ出してくれ、あっという間に見せてくれます。

募集がスタートすると…。

看護師特有の夜勤ですとか休日出勤等の特殊な勤務のない「平日だけ勤務して夜勤もなし」なんて場合は、手当てがその分だけ少ないので、給料については一般的な仕事より多少高額なくらいのようです。
看護師転職エージェントの集合タイプの求人サイトの場合、求人者である病院や施設の側からということじゃなくて、沢山の看護師さんの登録を望んでいる看護師向け転職支援会社側から費用を得ることで運営されているのです。
看護業務の仕事としては、大学の保健室勤務など、大人気の求人募集情報だって紹介可能です。看護師限定ではなく、保健師の方も募集している場合がほとんどですから、採用されづらい大人気の職場だと言えるでしょう。
同じ年齢くらいの人の一般的な給料の額と比較して、看護師さんのお給料とかボーナスは高額です。勤務している病院等によって当然変わるので凡そでしか申し上げられませんが、平均的な年収は400万円台になっています。
離職していないので、看護師向けの募集情報を調べる時間が取れない方や、雰囲気及び人間関係が素晴らしい病院を選びたいと思っている方など、上手に転職活動を成功させたいという方は是非ご利用ください。

規定の手当が入っていない基本給だけだと、他の仕事と比較して、すこし恵まれている程度ですが、看護師の給料が高額なのは、特殊な各種の手当を貰うことができるからです。
医療の細分化がどんどん進んで、看護師業務の内容も分野が細分化されてきている。さらに、めまぐるしく進化する業種なので、いつも学習に励む気持ちがなければいけません。
キャリア・カウンセラーというのは、募集に関する責任者の看護師長がどんな人柄の方なのかや好き嫌いや趣味まで調べ上げているようです。これらの貴重な内部事情は、関係者以外は簡単に集めることは不可能なものばかりです。
ご自分にピッタリくる看護師求人サイトを選択することができれば、次に待っている転職だって成功するはず。詳しく調べてこれだというものを選定した上で利用登録するのがオススメです。
当然のことながら、看護師は心も体もタフな人物以外は継続不可能な仕事なのは間違いありません。逆に、「忙しくても給料が高い方がいい」という人にはうってつけの仕事ではないでしょうか。

募集がスタートすると、即日決定されてしまう場合もみられるすごい人気の一般の方に公開していない非公開求人でも、看護師転職サイトで会員登録を済ませておけば、先に紹介を受けることもできるのです。
民間が運営している求人サービス会社の最大のアピールポイントが、求人を出した病院と所属しているキャリア・アドバイザーが、親密なコンタクトを取っていること。この接点こそが国が運営する公共職業安定所や有志の看護協会で働いている就職・転職キャリアサポーターとは異質だと言えます。
十分な額の給料が支払われ、賞与もバッチリの医療機関の特徴として、東京を筆頭に大阪や名古屋など首都圏あるいは地方の都市部にて営まれていること、大学病院、総合病院等その地域でトップクラスの規模の病院であることなどがあるでしょうか?
集合型求人サイトとは、離れ離れの都市に本社がある転職あっせん企業が扱っている求人をまとめて掲載し、比較検討できるようになっているサイトです。
「医者の給料は高い」「公的機関なら給料安いけど生涯年収が高い」といったふうに、職種独特の特徴を耳にすることは多いものです。看護師さんについても、「高給取り」と捉えられている仕事であることは間違いありません。

自宅を引っ越したことで…。

通常は知らせていない、抜群の条件の病院、診療所、クリニック、各種施設などの特別な非公開求人の数々を知らせてくれるところが、看護師転職サイトの強みなんです。
目立つのが若い世代の20代の女性看護師の方に絞ると、5割超の看護師のみなさんが転職サイトに登録して転職を成功させていて、職安とか直接応募をしたケースなどよりも、ずいぶん多くなっているそうです。
募集のある病院の業務体制とか募集要項を、早い時期に可能な限り把握して、自分の思った通りの病院を見極めることが必要だと思います。免許のある方なら、いつでも勤務可能である点も魅力の一つです。
希望の雇用条件とピッタリで、雰囲気・ムードはもちろん人間関係もバッチリの勤務先を探し当てられるかどうかは、運の問題ばかりではありません。取り扱っている求人の量が多いことと質の高いことが、転職を勝ち取るためのポイントです。
募集がスタートされても、即刻締め切られる場合が多い非常に人気がある一般公開しない非公開求人だって、看護師転職サイトを利用すれば、先行して紹介してもらうことだって可能なのが魅力です。

看護師としての勤め口は、特殊な場合を除いて医療機関だと言えます。詳細なリサーチを済ませておくことが重要ですが、看護師向けの就職コンサルタントからも情報を貰うことは更に大切な事になります。
看護業務の仕事としては、大学などの保健室等、好条件で人気の求人情報もご案内できます。看護師限定ではなく、保健師資格のある方も募集していることが少なくないため、採用されづらい大人気の勤務先に違いありません。
給料の上昇率は低い水準ですが、全体的に見て看護師の年収というのは、一般的な職業より大変恵まれているということは間違いないでしょう。言われている通り「看護師は給料が高い」と言えますね。
先に就職をすることができた方々による体験談や、コンサルタントが書いたコメントや感想もあって、看護師の皆さんが不安な気持ちになることなく転職できるように、お手伝いしてくれる人気のサイトなのです。
担当のアドバイザーは、募集の権限がある看護師長の気質や略歴や趣味まで分かっていると聞きます。このような内部に関する情報は、通常、関係者以外手に入れることは難しいのです。

今までの転職支援の実態とか取扱い求人の充実度、依頼した経験のある方の感想等において、支持を集めた転職サポート会社を、ランキング表示で閲覧することが可能なんです。
定年を迎えるまでずっと働いている場合は滅多になくて、看護師の勤続就労期間の平均は6年ほどになっています。長期勤務には向いていない職業の一つです。給料とか年収はかなり高いと言えます。
看護師限定求人サイトの見極めにあたっては、最優先で運営企業名をきちんと確かめるのが大事です。有名な大手企業でしたら、求人情報の数もバリエーションも多く、個人情報漏えい防止の対策もしっかりとなされています。
転職しても、最初から年収が700万円を超えてしまう職場というのはないと断言できます。とりあえず毎月の給料の額が高い待遇がいい病院等への転職を実現させ、そこからその新たな職場で何年間も勤務を継続することによって、給料を上げていきましょう。
自宅を引っ越したことで、はじめて住む街で転職活動をスタートさせる看護師の方には、その地の特徴を踏まえたオススメの雇用の形態とか、好条件、厚待遇の看護師求人を詳しくご案内いたします。

看護師のパート勤務を探しバランスよく働きましょう。

主婦の方でお子さんが生まれて一旦、仕事を退職しようかどうしようとお悩みになるケースも多々あり、育児に専念する時期もあるでしょう。

ですが教育費もかなり必要になるので、お子さんが小さい頃はパート勤務に転職したいなど検討したり、働き方を少し変えたいと考える方も多くいらっしゃいます。

資格を持っているとそれを活かして働くことができますし、看護師の資格をお持ちでしたら専門職として勤務することができる仕事なので、しばらく子育てに専念してブランクがあったとしても看護師の需要はかなりあるので理想的な仕事ができるようになります。

正社員として勤務するとハードワークなので、夜勤、日勤、急患の患者さんの対応など幅広く対応しないといけないので残業も多くなりますし、家族のサポートが必要になります。

ご自宅にお子さんの面倒を見てくれる方がいればよいですが、そうでない場合はやはり夜勤などは難しくなりますし、働き方を変えることも考慮した方が良いでしょう。

検診センターやクリニックなどでは看護師のパート募集も多々あるので、自分の希望に合わせて仕事を探してみるのも良いです。看護師のパート勤務でしたら、時給も良いですし短時間勤務してもそれなりに専門職としてのスキルアップもでき、稼ぐこともできるので理想的な仕事ができます。

転職活動する場合には、医療系専門に転職紹介を扱っているエージェント会社があるので、登録してみると良いでしょう。まずは自宅のパソコンから登録して詳しい内容は転職紹介エージェント会社へ行き、色々と相談しながら自宅近くの職場を紹介してもらうなどジックリと相談しながら条件を決めていくのもよいでしょう。

自分で仕事を1から探すとなると、結構大変ですし希望にあった職場があるかどうかも難しいので、こうした医療系の転職紹介を専門とするエージェントを活用した方が、理想に近い転職活動ができるはずです。

看護師の募集は多々あるので病院のパート勤務も多々ありますし、ジックリと条件を絞り込んで探してみるとよいでしょう。お子さんが入る場合、学校行事にも参加したいでしょうし家庭と仕事、子育てとの両立は何より重要になります。

ライフスタイルにあった働き方を重視して、やはり無理ないようにバランスよく勤務できるのが理想的なので、その辺はしっかりと考慮しておきましょう。

働くことでスキルアップもできますし、きっとご自分にとって素晴らしい環境になるはずです。

排泄コントロールについて

こんにちは。私のいる職場では現在、排泄コントロールについて力を入れています。

 

私の上司は「下剤をあまり使用しない。自然に排泄を行うことが大切」という考えなので、私も自然に排泄出来るよう委員会等で勉強をし研修にも行っておりました。

しかし、最近上司の考えが少し変わりつつあるように感じます。

 

下剤(ラキソベロンやセンノサイドなど)は使わない、ヤクルトやオリゴ糖などを使用し自然排便を促す。それでも出なければ浣腸や座薬を積極的に行いましょう。

 

というものでした。

 

 

 

確かに浣腸をすれば良い形の排便が出ることはあります。浣腸を希望される方もおられます。

 

(イレウス等の疾患がある方は別ですが)

 

しかし、そんな意見もあれば出来るだけ浣腸はしてほしくない、お尻に液が入るなんて気持ち悪くて嫌だ、人にお尻を見られたくないと思う方もおられます。

 

座薬を持っていくと「そう言えば、朝になんか出たかもしれない」と言われる方もおられますが、最近その言葉に信ぴょう性が低いような気もしました。座薬をしたくない、高齢者の方なら失敗するかもしれないという不安を感じ拒否をしているような気もします。

 

もしそのような理由で座薬を拒み排泄コントロールができずイレウスになってしまえば本当に大変な事になります。看護師としても見逃していたと思うと本当にショックですし本人さんもしんどい思いをされるのでそれだけは避けたいところです。

 

そのような方には、座薬より下剤を使用して(失敗のしないよう少しづつですが)排泄のコントロールをしていくことが大切な気がします。

 

そこまでして下剤を使用せず排泄コントロールをしていくことが大切なのでしょうか??

 

便秘になり排泄が出そうで出ない時ほどしんどい時はありません。

 

私がもし入院をして同じような状態だとしたら直ぐに下剤を服用したいです。

 

また年齢は関係ないと思いますが、若い人も高齢の方も人にお尻を見られるのは気持ちの良いものではありません。それに何度も便秘をしているのに何度も報告するのもデリケートな部分なので言いにくいと思います。

 

極力、下剤を使わず自然は排泄を促しどうしても出ない場合に浣腸・下剤を使うようにするなど対策を変えた方がいいのではと思います。もちろんドクターとまた相談しながらですが。

 

あまり硬すぎる排便だと排泄時に肛門が切れて痔になったりと他の問題も生じる気もしますし、今の対策のまま看護を行ってよいのかと思います。

 

他の看護師も同じ考えの方がおられますし、もし皆さんの意見を聞かせてもらい考えがまとまったら上司に相談してみようかと思います。

施設の看護師の悩み

こんにちは。

 

私は特養の経験のある看護師です。

特養は、病院と違い積極的に治療をする場所ではなく、穏やかに生活をしてもらう場所なので比較的落ち着いた場所です。

そのため、仕事内容も介護の仕事が半数を占めていました。

 

そこで私が矛盾を感じたことを書かせてもらいます。

特養には認知症の方が多くおられ、また足腰の弱った方も沢山おられるので転倒リスクが非常に高いです。

夜間帯に、ベッド下に座り込む方は1ヶ月に何名もおられました。

(安全マットを敷いていたり、センサーマットがあるので毎回大事にはなりません)

 

転倒の常連となる方もおられます。ベッドの位置を変えても、柵の位置を変えても日中は人がいるので見守りをすれば大丈夫ですがそれでもナートをしたり表皮剥離をする方もおられました。

怪我をしてしまった場合、家族には毎回申し訳なく思います。

わたしは病院から施設へ行ったので家族と相談し、どうしても家族が望むのならば、拘束の同意書を書いたらいいのではないかと思うのですが

 

「ウチの施設は拘束ゼロなので拘束は絶対しません!利用者様の自由を尊重をさせてまらってます!」と言われました。

 

そうかもしれません。私が間違っているのは分かっていますが、ヒヤリハットの用紙を見ても対策には「しっかり見守りをする」「度々訪室する」など、ザックリとしたら対策しか書かれていません。介護さんに対策を具体的に書くよう話しても「無理ですよーまたコケますよー」と言われるのみです。

 

そんな方が点滴をされる場合、抜糸は当たり前です。そのため見守りを何時間もしております。せめて点滴などの医療行為の時だけでも行わないと何度も刺すのが本当に申し訳ないです。

こんな対策なのに拘束ゼロです!と言っても毎回毎回痛い思いをされるのは本人さんですし家族に度々報告をするのが恥ずかしくないのかなと思います。

 

看護師として、やはり怪我なく痛みのない老後を送ってほしいと願います。もちろん拘束はしてはいけません。ですが、十分な対策も立てず何度も何度も転倒を繰り返しているのにこのままで良いのかと思います。

 

夜勤は看護師は行いません。

 

早番で仕事へ行くと「夜に転倒されました。出血してるのでまたお願いします〜」と言われ日常化している今の状況に憤りを感じます。

 

私のいる施設は利用者の人数もかなり多く、少ない人数の介護・看護師で仕事をしています。ですが、だから仕方が無い・転けでもしょうがないではいけないと思います。

 

事故防止委員会とものがありますが、踏み込んだ話も特にしておりません。

 

一番は拘束もせず、事故を防ぐことですが一体どうやって転倒の続く毎日をストップさせることが出来るでしょうか。また点滴を何度も刺すことなく生活していくのでしょうか。

 

同じ境遇の方、またこのようにして転倒リスクを減らしていったと言われる方がおられましたら、よろしくお願いします。

看護師の転職の悩みと休みの関係

看護師にも年次有給休暇がありますが、他の職種と同様その消化率は芳しくありません。
そんなことがあってはいけないのですが、有給を試用することで白い目でみられるようなこともあるのです。

そのようなことも、看護師が転職を考える際の悩みの一つといえるでしょう。
看護職員実態調査では、正職員の所定有給日数は20日です。
その所定有給日数を全て使いきる人は少なく、取得日数の平均は8.2日です。

この有給休暇が取りにくいことも、看護師の不満の一つとなっているのはまちがいありません。
完全週休2日といわれていますが連休を取りにくい雰囲気もありますし、そうなってくると他の病院の有給制度などがよく見えるのです。
仕事の悩みが高じてやがては転職の悩みとなってしまうのですが、それがこのままずっと続くのかと思うとやはり嫌気もさしてくるのでしょう。
休暇制度にはこの有給休暇のほかに、介護休暇や育児休暇などがあります。

しかし、このような育児休暇にしても、育児休暇を利用するよりも妊娠・出産を契機に退職する看護師が後を絶ちません。
そういう慣習が昔からあったということですね。
仕事上の看護師の悩みは尽きないのですが、休みがしっかり取れないとその不満から転職も考えてしまうということですね。